食生活の改善方法

料理

糖尿病の食事療法で欠かせないのが、1日3食しっかりと食べる事と、早食いをしないことです。インスリンを過剰分泌させないことと、満腹中枢をコントロールすることがカギになりますので、毎日の食事では、気を付けるようにしましょう。

もっと読む

低カロリー・低塩分が基本

食事

どのような食べ物が良いか

糖尿病の食事は一般的なメニューと比較すると低カロリー・低塩分が基本となっています。糖尿病の原因は肥満や高血圧によって起こっているからであり、悪化させないためにはしっかりとルールを守る必要があります。低カロリーに関しては1200kcal〜1500kcalのメニューがほとんどで、朝昼晩をバランス良く食べます。カロリー過多にならない為には脂質や糖質のカットが重要ですが、調理法や主食を変えるだけで大幅に下げられます。低塩分に関しては3食で6gが基本であり、麺類や濃い味付けの料理は塩分が多く含まれているので出来る限り控えましょう。和食の一汁三菜にすると様々なおかずが作れるので飽きずに続ける事が出来ます。

主食をコントロール

糖尿病の食事の最も大事なのは主食なのですが、急激に量を減らしてしまうとドカ食いの懸念もあります。主食を白米にしていた場合は玄米・大麦をメインにすると血糖値が上がりにくくなり、噛まなければいけないので食べる量を制限できます。最近では、こんにゃく粒を白米に混ぜて炊くと大幅にカロリーカットできる商品も登場しています。これは見た目がほとんど変わらずにご飯を食べられるので、ストレスを溜めない食事内容で糖尿病対策が出来るでしょう。有酸素運動と食事をコントロールするだけでみるみるうちに血糖値を下げられる事から、数値が高い場合は試してみて下さい。主食の工夫はお金を掛けずに対策が出来るので、まずはご飯から変えてみましょう。

無理をせず病気とつきあう

料理

糖尿病を改善するのに欠かせないのが食事療法です。炭水化物や脂の摂取量を抑え、1日の摂取カロリーを減らすことが大切です。また血糖値が急に上がるのを防ぐ必要があります。厳しい食事制限を自分に課すと続けるのが難しくなるので、楽に続けられる工夫をすると良いでしょう。

もっと読む

血糖値の上昇を抑える方法

夫婦

糖尿病の人にとって、血糖値の急激な上昇は合併症を引き起こす恐れのある危険な状態です。健康食品である低GI食品の活用や、食事の際は野菜類から食べるようにすることで、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

もっと読む